トップページに戻る
澤本園からのおしらせ
澤本園商品のご案内
ご注文前に
ご注文フォーム一覧
ご注文Q&A

奥大井・川根だより
澤本園茶造りの秘密
川根茶もっと美味しく
[豆知識]
 [煎れ方]
 [量・温度]
 [澤本茶一覧]
 [保存法]
 [茶ガラ利用]
 [茶シブ対策]
川根茶飲み話いろいろ

メインメニューへ戻ります


生粋川根茶 (株)澤本園

知っていると得をする
美味しいお茶の煎れ方

お茶の味成分について
現在わかっているだけでも数十種類の味の成分がお茶の中に溶けています。そのうち最も多いのが渋みの成分カテキン類全体の15%です。そして苦味の成分であるカフェインが2〜3%、うま味、甘味成分アミノ酸類約20種はお茶によってその割合は違い、高級なお茶ほど多くなる傾向があります。またその他の成分も含まれて一つのお茶の味を形成します。特徴的なのはアミノ酸類の半分以上はテアニンという成分であることです。これは上品なうま味と甘味をもたらすとされています。
(参考:中川致之.茶の味の成分;村松敬一郎編(1991).茶の科学,p107)
お茶によって煎れ方を変えてみましょう
お茶は”渋みとうま味が調和し、後味に清涼感を与えるもの”が良いとされています。これを科学的に考えると、渋みのあるカテキンとうま味の成分と言われるアミノ酸がバランス良く煎じられてるお茶が美味しいと言えます。更にもう少し分類してお茶そのものを楽しむような上級茶はうま味がさらに強く渋みを抑え目に、普段飲みのお茶は食事の後などに飲んでさっぱり感を求められるため渋みが効いたほうが美味しく感じます。もちろんお茶は嗜好品です。お好きな煎れ方で、お好きなように召し上がって頂くのが一番です。でもせっかくのお茶、それぞれの持ち味を生かして煎れるといっそう美味しいと思います。さらに詳しく具体的な説明は[美味しいお茶の量・温度]をご覧下さい。
水にこだわってみましょう
水道水でもちょっとした工夫でお茶が美味しくなります。最も大事なことは水をしっかり沸騰させることです。特に水道の水があまり美味しくない所では直ぐに火を止めず5分程沸騰させ続けると効果的です(ただし、鉄製のやかんを使わず5分を超え長く沸騰させ過ぎるとお茶の味が落ちるとの報告もあります。)カルキ臭も無くなります。そしてできればお湯を沸かすやかんの材質は、鉄製が望ましいようです。
最近はお水が売られています。その水を使う場合『硬水(ミネラル分120mg以上含)』か『軟水(ミネラル分120mg未満)』か確認しましょう。軟水では濃く、硬水では薄く煎出されます。また水のph(アルカリ性、中性、酸性)もお茶の味や水色を変化させます。どんな水が良いかは好みの問題ですが、一般的にはph7〜8の中性で、高度50〜100程度の軟水がお茶に適していると言われているようです。
温度にこだわってみましょう
お湯の温度によってお茶の味は変わってきます。簡単に言うと『渋めのお茶が好きな人は高めのお湯で、苦手な人は低めに』です。これはお茶の各成分の溶出する割合が温度によって異なるためです。渋み成分のカテキンは高温で良く溶け出してきます。またうま味成分のアミノ酸類はあまり高くないお湯の温度でも溶出されます。一般的には高級なお茶は「ぬるめのお湯で」「ゆっくり時間をかけて蒸らして」「濃く」入れることによって美味しさを最大限に引き出すことが出来ます。また逆にサッパリ系を求める食後のお茶などは「熱めのお湯で」「さっと」「薄く」いれると爽快なお茶になります。さらに詳しく具体的な説明は[美味しいお茶の量・温度]をご覧下さい。
川根茶は2煎、3煎も召し上がってください
伝統的な浅蒸しの製法で仕上げられた川根茶は「持ちが良い」お茶としても知られています。2煎め、3煎めもぜひ召し上がってください。美味しくいただくコツは急須にお湯を残さないでしっかり注ぎきる事。そして茶葉が蒸れ過ぎないよう急須の蓋はずらすか開けておきます。2煎め以降は少し熱めのお湯を使います。
また川根茶は深蒸しのお茶に比べると茶殻が壊れにくい為細かくならず、急須の目が詰まりにくいのもちょっと嬉しいお話です。
ご自宅にあるお茶でぜひお試しください。どうです?違いませんか。

[このカテゴリーのトップページ] [メインメニュー] [サイトトップページ]